top of page

新大久保に行ってきた(その4)

こんにちは、世界の家庭料理教室ことグローバルキッチンスタジオです。



全4回の超大作とするほどのコンテンツなのか?という声もありますが、今回が新大久保回の最終回です。





新大久保の締めくくりに、超定番の韓国の食材屋にも行って参りました。



新大久保駅から徒歩4〜5分のところにある韓国食材屋「チョンガーネ」さんです。



まずは韓国風中華料理と言われている「ジャジャン麺」の元となる「チュンジャン」という韓国風の黒味噌を購入しました。「ジャジャン麺」というのは日本で言うところの「ジャージャー麺」のことですね。(少し味は違いますが)






日本にも「エビチリ」「エビマヨ」「焼き餃子」など日本人の口に合うように日本で開発された独自の日本風中華料理があるように、韓国にも韓国風の中華料理があるそうです。



その中の1つがこの「ジャジャン麺」だそうです。




合わせてこちらのジャジャン麺専用の麺も購入しました。




こちらは日本の麺ではなかなか例えようのないコシというか弾力をしておりまして、以前韓国料理の専門家と話した時も「この麺の感じは他の麺には出せない」とおっしゃってました。




そして大変恐縮ですが私の調理後のジャジャン麺も写真を貼らせて頂きます。










最後に辛いもの好きの私がハマっている「ブルダック炒め麺 カルボ味」です。







通常味のブルダック炒め麺からすると少し辛さはマイルドですが、それでも汗をかくぐらいには辛いです。







ということで史上最長、全4回の新大久保シリーズを終わりたいと思います。




若者に人気の韓国料理の先生もいずれスカウトしたいですね〜。「こんな国の料理が習いたい!」というご意見がございましたらいつでもコメント下さいね♪

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page